MENU

電子レンジで魚が焼ける!ムテキレンジ、レンジクック、レンジメートなど、Amazonや楽天にもショップが。通販はジャパネット、はぴねすくらぶ、ディノスなど。

 広告
 👇👇クリック👇👇
スーパードライ [ ビール 350ml×24本 ]

この記事は自分が3月にリサーチしたものです。

「電子レンジで焼き魚ができる」
魚に焼き目がつく電子レンジ調理器具を比較してみた記事を3月に作成したものがあり、
せっかくなのでこちらでも紹介します。

また、各商品の販売ルートがバラバラでわかりにくいので、どこで買えるのかも紹介させていただきます。
Amazon、楽天にも通販サイトの多くが出品しているので、登録してあって購入が簡単にできるものが多いです。

目次

各商品、購入できるのはどこで?

レンジメートは株式会社MUKという会社のブランドですが、通販で購入できるサイトが限られていてちょっとややこしいです。
ずいぶん以前から販売されている、レンジメート(PRO)はいろんなサイトで販売されています。調べたらめちゃめちゃ出てきます。。
ただ、昨年くらいに発売された商品、レンジメートプログランデ(PRO GRANDE)は、フジテレビ系通販番組、ディノス(DINOS)の専売品で、
レンジメートエブリは、ジャパネットのオリジナル商品となっています。
なのでMUKのサイトではプログランデもエブリも販売していないです。
のちほど個々の販売サイトを紹介します。

レンジメート プロ (販売・・ディノス、MUK他いろいろ)

丸型の商品で、ずいぶん以前から多くのサイトで販売されていて、もともとは2005年くらいからある商品かと思います。
元祖系な商品に感じます。昨年あたりからいろいろな商品が出始めて注目されてきて、この商品がいわば元祖的な商品に感じます。

Amazonや楽天にも前述のMUKの店舗があり、MUKの公式サイトでも購入できますし、DINOS(フジテレビ系)、Ropping(テレビ朝日系)、その他の通販サイトも販売しています。
色は、各メーカーブラック系とレッド系の2色が多いですが、こちらはそれプラスオレンジとイエローの限定色があるようです。

価格は各サイトバラバラですが、9,900円くらいが多いです。
定価?が12,650円のようで、価格を12,650円にしてあって、いろいろなクーポンや値引き等で9,900円近くになるような設定のサイトもあり、実質1万円前後になるサイトが大半です。

今回自分がお試しで3品購入した中にこれが入ってないのは、長年の定番商品ではあるんですが、レンジメートは後ほど紹介するグランデ、エブリが発売されたということで、新商品のほうがいろいろ良くなってるんじゃないかなと思い購入を控えて他の商品を購入しました。
ですのでその他紹介する新しい商品は、この老舗?のレンジメートプロと比較、という基準商品になるイメージです。

レンジメート プロ グランデ ディノス(DINOS)専売

フジテレビ系の通販ショップ DINOS(ディノス)の専売商品です。
深夜のディノスの通販で紹介されてます。

自分もこれを購入して、使用しました。
他の商品の特長は、他は丸型が多いですが、これは角型、長方形です。
載せる食材によっては丸型よりこの長方形のほうが数が載せやすいものが多いなと感じました。
フタが自立するので場所をとらず衛生面でも良いですね。

レンジメート エブリ (ジャパネットたかたオリジナル)

レンジメートエブリはジャパネットのオリジナルで、ジャパネット以外の通販サイトではたぶん販売されていません。オークションとかメルカリとかは別ですが。

フタが自立するようになっているので場所をとらず衛生面でも良いです。

ジャパネットは2005年からレンジメートPRO(プロ)を販売していて、昨年2023年7月からレンジメートエブリを販売開始したときにPROの販売を終了したようです。
このエブリのほうはジャパネットがメーカーにお願いして、容量、深さ、レシピの数等増やして作ってもらったジャパネットオリジナルの商品、とポイントをPRして販売しています。

レンジクック(はぴねすくらぶ)

この商品が紹介する商品の中で一番低価格です。

波型と平面があり、画像は波型です。
平型のほうはBIOブランド商品のオリエントさんの製品です。
波型は、通販のはぴねすくらぶが製造した商品のようです。
波型、平面とも販売しているのは、はぴねすくらぶのみです。

ただAmazonにも楽天にもはぴねすくらぶの店舗がありますので、楽天に登録しているかたは購入しやすいですね。

レンジクックも今回当方が購入したものです。
深さ3㎝の波型、5㎝の平型があります。
焼き面がつきやすい波型のものを購入しました、平面は煮物などによさそうです。

今回紹介する中では価格はいちばん低価格のものです。
購入したときに思ったのが、低価格だし平面波型両方あるとめちゃいいなあと(わがまま…
セット割引しているサイトもあります。
皿に移さずそのまま食卓に置くとすると、煮物と焼き物両方の後片付けのことを考えるとめちゃめちゃ楽になりそうですね。

ただちょっと注意点。電子レンジでレンジクックその他こういった器具の連続使用は避けてください。
レンジクックが悪くなってしまうというイメージがあると思いますがそれと、電子レンジが高温で壊れてしまう可能性もあります。
機器の特徴は底の部分が高温になることで、レンジ底面が高温になり過ぎてしまうためです。

ムテキレンジ (レジェンド松下プロデュース)


1日2億円売った男、あのレジェンド松下さんが昨年紹介してブレイクしてたんですが、4月の段階ではTV番組で紹介されまた在庫切れになっています。
2月初旬に、中居正広の「金スマ」で、吉本の芸人、2丁拳銃の川谷氏の奥様で毒舌で人気のタレントの野々村友紀子さんが、「これ買ってよかった、私のベストバイ商品」のコーナーで紹介しました。

他の商品よりサイズは小さく、魚は切り身なら2枚はちょっとキツいかと感じます。
フタの部分は中央に持ち手がなく、両手で両端を持つ形になります。
ごはんも炊けるので、2つ購入して、ご飯とおかず、という手もあり、準備調理片付けがとても楽になりそうです。

販売は、この商品のメーカーでもあるTSTVS(TSテレビショッピング)のアーネストさんという会社で、このTSテレビショッピングと、テレ朝通販のロッピング(ROPPING)などで通販がありました。
上記のサイトはロッピング楽天市場店のものです。楽天を利用されているかたは購入しやすいですね。

実際購入して使った2品、レンジメートプログランデとレンジクック(波型)とを比較

レンジメートPROグランデ と レンジクック を実際に使って比較しました。

ちなみにレンジメートプログランデは鉄板部は波型のみ、レンジクックは波型と平型があります。
今回比較するレンジクックは、比較がしやすい、レンジメートのほうと同じ波型を購入しました。

先に使用し比較した感想

比較はこのあと載せますが、この2つについては比較がしやすいです。
価格が約半分(倍)ちがうことでわかるように、いろんな要求を望むならレンジメートプログランデ、ひとりや少人数で焼き物中心でよいならコスパの良いレンジクック。
自分ならこういった感想です。

価格はレンジクックが約半分

性能等はこのあと載せますが、まず価格に関しては、レンジクックのほうが価格は約半分くらいです。

当方はレンジメートプログランデは9,900円、レンジクックは4,980円で購入しました(いずれも税込み送料別)

当家は自分ひとりがたまに使うだけなのですが、
・頻度はそんなには使わない
・焼くだけ、とか、使う用途も少ない
・いろんな多くの機能は求めていない
・だからなるべく安価なもので良い
といったかたにはレンジクックも向いていると感じます。

レシピ集の数

レシピに載っている数としては、
レンジクックが54(1ページに3品紹介)、
レンジメートプログランデが50(1ページに1品紹介)、
レンジメートプログランデのほうが1メニューを細かく載せています。

調理時間

左がレンジクック、右がレンジメートプログランデ。
各レシピ条件や量が違うので比較が難しいですが、レンジクックのほうが時間のかかる調理が多そうです。

肉と魚 それぞれで焼いてみました(実際の調理画像あり)

料理あまりしないのでクオリティの低い出来栄えかもですいません。。
サバだとわかりやすかったかな(笑

ただ、レシピ集の通りの調理時間で試した場合、ちゃんと焦げ目というか焼き目がついて、どちらもレンジから出す時、ジュ〜、っという心地よい音が聞こえました。

容量は?

(詳細今後追記します、しばらくお待ちください)

角形がレンジメートプロ、丸形がレジンクックです。

容量は、レンジクック波型は0.8ℓ(平型は1.3ℓ)で、レンジメートプログランデのほうはサイトに載っていません。コールセンターに聞いてもわかりませんでした。あえて載せないのかな。。
はじめの画像は、丸型(レンジクック)に満杯の水を入れてあります、それをもう片方に移動したところほぼ満杯になりました。
丸と四角、厚みの差もありどう判断するかで正確ではないですが、おおまかには容量はさほど変わらないと思われます。

蓋が自立するのはレンジメートプログランデ

画像の通り、レンジメートプログランデのほうはフタの丸い部分に支え用の長いものがついています。
これで支えてフタが縦置きにできて、スペース的にも、汚れも置き場所につきにくいので重宝します。

Amazon、楽天でも人気通販サイトのショップがあるので正規品が購入できます。

今回この記事を投稿した理由の一つですが、
自分はいろいろなものをAmazonと楽天で購入するので、他のサイトで購入したい商品があると、その都度、住所、電話番号、クレジットカードなどの個人情報を登録せず、もしAmazonや楽天でそのショップ自体があればポチポチポチって感じで買っています。

下のものはリンクでなく画像ですが、
こんな感じに👇Amazon、楽天に今回紹介するショップがあります。

これらの電子レンジ調理器具を調べたとき、紹介している通販サイトや商品のメーカーのストア、ショップもAmazonや楽天にあり、他のかたも購入しやすいかなと思い調べてみました。

価格はピンキリ。いろいろなストアで、色、形、名前などそっくりなものが多い。類似品にご注意し口コミなども参考に。

今回調査していて感じたのが、ここで紹介する商品以外にもいろいろなサイトで販売されいますが、色や形状などそっくりの商品が多いので勘違いしてしまいます。

みなさんも調べているとそう思われると思います。価格もピンキリくらい違いますのでご注意を。
画像だけで判断せず商品名や販売店なども確認しましょう。

口コミ、レビューも、個人で感想には差がありますがなるべくチェックしましょう。
今回自分が買うのに一番重視したのは、「レンジでちゃんと焼き目がつくか」です。
これがないと自分としては買う意味ないので。。
悪い口コミやレビューが1つあっても信じる前に他の口コミも見ましょう。
その商品でなく他にもほとんど同じ口コミがあったり、その何十倍もそのことでよい口コミもあったりします。

口コミ、レビューについて感じていることは後半のほうでまた載せますね。

本体価格が同じでも、クーポン、割引、送料無料などサイトにより合計金額の差がある。

本体価格が同じでも、時期によって割引クーポンが発行されたり、皆さんが登録のサイトによるセールがあったりポイントがついたり、送料が高い安い無料などいろいろ本体以外で違っていて合計支払額
異なりますので、本体価格以外もチェックしてください。
これらで1,000円2,000円はすぐに変わってしまいます。
あと、波型平型など2個セットで買うのもお得です。

例えば送料に関してだと、
楽天でよく見る「39ショップ」というものがあります。
いろんなジャンルの商品が39ショップになっていて、すごくでかいお店だなと思っているかたがみえるかもですが、39ショップはショップでないというか、他にショップががあります(笑、、。

39ショップとは、同一ショップ内でのお買い物が合計3,980円(税込)以上だったときに送料が無料になるショップのことです。税込3,980円以上購入すると基本(対象外、例外もあるので注意)送料が無料になります。
例えば楽天で、価格は95円で送料が660円、総額755円、という商品があります。
この商品が39ショップになっていると、他の買い物をして合計金額で送料無料にするという手もあります、「39ショップ買い回り」とも言われています。

今回紹介する商品は価格はすべて3,980円以上なのであまり関係ない、と感じるでしょうがちょっと一例を。

(👆これは画像なのでクリックしてもリンクしません)
レンジメートPROグランデでチェックすると、
楽天のディノス(ディノスTVショッピング楽天市場店)では「39ショップ」となっていて価格は10,780円になっています。39ショップになっているので送料は無料です。
ですがディノス公式ショップ、Amazonのディノス他多くのお店では価格が9,900円になっています。
このあたりの仕組みも頭に入れてリサーチしてくださいね。

最後に。 口コミも多数意見を中心に参考にしましょう。

口コミもとても重要なので参考にしていただきたいのですが、ひどい口コミは、口コミされたかたの他の口コミも見たほうが良いです。
・他の商品は普通とか良いものが多いのにこの商品だけ悪いのか、
・他の商品もほとんど悪い評価なのか。

例えば悪い評価をいくつかリストアップすると、
「レンジが回転して取っ手がひっかかる」
「焦げ目がつかない」
「掃除が簡単のように載ってるけど実際は大変」
「持ち手が熱い」

など、
このような評価もちょこちょこありました。
こういった評価はだいたいの商品に同じように書かれています。
その評価の割合が他の商品と比べて大きく差があるときは要チェックです。

ただ、こう言った観点でも見ていただきたいというのは、

「焦げ目がつかない」という評価に対して
他の良い口コミの多くが「焦げ目(焼き目)がついて良かった」です。

あと、
「持ち手が他より熱くなる」という評価がありました。。
この商品は当方が、今回使用して良い点として感動したことの一つで、
「他よりも持ち手があまり熱くなっていなくて良かった」
とみなさんに紹介しようと思ってました。。
なのでいちおう良い点としては紹介しませんでしたが(笑

「レンジに取っ手が当たって回転しない」の評価に対しては
サイズを確認して、自分のレンジに入るもの、回転するものを買う
ということでよいのでは、、、。

取っ手が小さめ、大き目、いろいろなものがあります。
取っ手が大きいから邪魔、取っ手が小さいから持ちにくい、
ご本人のニーズや、どうとらえるか、どちらを優先するか、ということかと。

「掃除が大変」という評価に関しては
ほとんどの商品が「掃除が楽」としています(笑
大げさに感じたのかとも思います。

今回紹介した商品でも他の商品でも上記のような評価はあります。
ただ今回紹介したものは良い評価が多く悪い評価は少ないように感じています。

例えば、今回2つ購入して実際使って比較した
レンジメートプログランデレンジクックを同じレビューサイトで比較しました。

1から5段階(5が一番良い)で、
5と4(良い口コミ)と1と2(悪い口コミ)の割合を算出。
%の小数点以下を四捨五入すると、レンジクックもレンジメートプログランデも
5と4・・・86パーセント
1と2・・・ パーセント
2品とも待ったく一緒でした。偶然というか必然というか、、。

いかがでしたか。 

いかがでしたか。

下記にいくつかの商品リンクがありますので
ご参照ください。

👇👇👇コレです👇👇👇
   ↓広告(クリック)

レンジメートプロ Amazon MUK公式ストア

レンジメートPRO グランデ Amazonディノス」ストア

レンジクック波型 Amazonはぴねすくらぶストア

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次