ワンセグ機能つきのおすすめスマホの機種をチェック【どこでもテレビが見られる】

ワンセグ

外出先での時間つぶしや、帰宅が遅くなり見たい番組の時間に間に合わないなど、「スマホを使ってどこでもテレビを見たい!」と思うことがあるでしょう。
ワンセグ機能つきのスマホがあれば、どこでもテレビを視聴することが可能です。

スマホでテレビを見るメリットとして、以下の3つがあります。

・隙間時間を有効活用できる
・データ通信料を使わずにテレビが見られる
・災害時の情報収集として活躍する

今回は、ワンセグ機能つきのおすすめスマホ6機種の紹介や、機種選びの注意点、ワンセグ非対応のスマホでテレビを見る3つの方法について解説します。


1. ワンセグ機能つきの機種はAndroidスマホから選ぼう

ワンセグ

スマホでテレビを見るために欠かせないワンセグ機能は、Androidスマホの一部の機種にしか搭載されていません。

つまり、iPhoneは除外されるということです(別売りの機器を使ってiPhoneでワンセグを利用する方法は、4章にて後述します)。

Androidスマホにおいても、ワンセグ機能を搭載した新機種の発売ペースは下がっており、限定された機種から選ぶ必要性があります。

これは、インターネットの動画配信サービスの普及などにより、スマホでテレビを見る層が減少傾向にあるためです。

しかし、スマホの動画アプリのように、データ通信を使用せずにテレビが見られるワンセグならではの長所が存在します。

動画配信サービスと契約を結ぶ場合と異なり、アカウントの作成やデータ通信に必要な毎月の定額料金を支払う必要がないからです。

ワンセグ内蔵のスマホは、購入後すぐにテレビ番組を視聴可能です。

初期設定を済ませたら、自宅でも外出先でもテレビを見られるようになります。

このような手軽さは、ワンセグを使うメリットといえるでしょう。


2. ワンセグ機能つきのおすすめスマホ6機種を紹介

ワンセグ

ワンセグ機能つきのスマホを6機種紹介します。

iPhoneにはワンセグ機能がないため、Androidスマホから厳選しています。

Xperia 1 II5G対応で高性能なカメラ機能を持つ】

AQUOS R5G4眼カメラで高精度な写真・動画を撮影可能】

・らくらくスマートフォン F-42A【初心者でもOKな使いやすさを追求した機種】

LG G8X ThinQ2画面で利用できる】

・シンプルスマホ5【使いやすい操作性が魅力】

Xperia 5【手のひらに収まる持ちやすいサイズ感】

2−1. Xperia 1 II【5G対応で高性能なカメラ機能を持つ】

ワンセグ

出典:Xperia 1 II

SONY」の展開するXperiaシリーズから、5G対応モデルの「Xperia 1 II」が発売されています。

Xperia 1 IIは高性能なカメラが搭載されており、写真だけでなく動画の編集にも対応。

プロのクリエイターのような作品作りが可能です。

6.5インチサイズで21:9の比率を持つ大画面は、同時に2つのアプリを起動できるようになっています。

ワンセグ機能を使ってテレビを視聴する際にも、この大画面は活躍します。

Xperia 1 IIのスペック

サイズ(H×W×D)

166×72×7.9mm

重さ

181g

ディスプレイ

6.5インチ/有機EL シネマワイドディスプレイ/4K/HDR対応

カメラ有効画素

16㎜(超広角):有効画素数約1,220万画素/F2.2

70㎜(望遠):有効画素数約1,220万画素/F2.4

24㎜(標準):有効画素数約1,220万画素/F1.7

3D iToFセンサー

バッテリー容量

4,000mAh(内蔵電池)

OS

Android 10

メモリ(ROM)容量

128GB

生体認証

指紋認証

防水・防塵性能

防水性能 IPX5/IPX8

防塵性能 IP6X

カラーバリエーション

ブラック・ホワイト・パープル・フロストブラック

(契約する通信キャリアによってカラー数が異なる)

取り扱いキャリア

ドコモauSIMフリーモデル

Xperia 1 IIの詳細はこちら

2−2. AQUOS R5G【4眼カメラで高精度な写真・動画を撮影可能】

ワンセグ

出典:AQUOS R5G

SHARP」が開発した5G対応のスマホ、「AQUOS R5G」。

超高精度の8K動画撮影や光学2倍の望遠カメラなど、4種類の多彩なカメラを搭載した機種です。

AIにより、自動的に被写体を追って自動でズームするなど、撮影を楽しく高度にするための機能が満載です。

画面の明るさにより、屋外の強い日差しの下でも、はっきりと画面を見ることができます。

ワンセグ機能を使って屋外でテレビを見る際に便利といえます。

AQUOS R5Gのスペック

サイズ(H×W×D)

162×75×8.9mm

重さ

189g

ディスプレイ

6.5インチQuad HD+1,440×3,168ドット)Pro IGZO

カメラ有効画素

超広角カメラ 約4,800万/2.9

望遠カメラ 約1,220万/2.7

標準カメラ 約1,220万/1.7

バッテリー容量

3,730mAh(内蔵電池)

OS

Android 10

メモリ(ROM)容量

256GB

生体認証

指紋認証

顔認証

防水・防塵性能

防水性能 IPX5/IPX8

防塵性能 IP6X

カラーバリエーション

ブラックレイ・アースブルー・オーロラホワイト

(契約する通信キャリアによってカラー数が異なる)

取り扱いキャリア

ドコモauソフトバンクRakuten

AQUOS R5Gの詳細はこちら

2−3. らくらくスマートフォン F-42A【初心者でもOKな使いやすさを追求した機種】

ワンセグ

出典:らくらくスマートフォン F-42A

ガラケーからスマホへの乗り換えを検討している初心者や、シニア向けの使いやすいスマホが、「らくらくスマートフォン  F-42A」です。

SHARP製のらくらくスマホシリーズの最新機種で、大きく視認性の高い画面と、ボタンの押しやすさにより、初スマホでも違和感なく文字の入力が可能となります。

防水・防塵性能を持つため、本体を泡タイプのハンドソープで丸洗い可能です。

帰宅後に手軽にスマホの清潔さを保てるのは、現代のニーズにマッチしています。

Google Playに対応し、好みのアプリをダウンロードできるため、カスタマイズしながら使えます。

標準でLINEや健康管理のアプリが入っており、すぐに使える点が魅力です。

ワンセグ

出典:らくらくスマートフォン F-42A > 製品特長(あんしん)

ワンセグ機能を使う際には、本体に内蔵されたアンテナを引き出すことで、電波を受信しやすくなります。実はこの「アンテナ内蔵」という設計、とても便利なのです。というのも、他のワンセグ対応スマートフォンはアンテナが内蔵されておらず、アンテナの役割を果たすイヤホンを別途接続しなければならない機種も多いのです。

その点、らくらくスマートフォンはアンテナが内蔵されているので、買ってすぐにワンセグを楽しめるんです!

らくらくスマートフォン  F-42Aのスペック

サイズ(H×W×D)

143×70×9.3mm

重さ

143g

ディスプレイ

4.7インチ HD 有機EL720×1,280

カメラ有効画素

1,310万画素

バッテリー容量

2,110mAh

OS

Android 10

メモリ(ROM)容量

32GB

生体認証

なし

防水・防塵性能

防水性能 IPX5/IPX8

防塵性能 IP6X

泡タイプのハンドソープで洗える

カラーバリエーション

ピンク・ホワイト・ネイビー

取り扱いキャリア

ドコモ

らくらくスマートフォン  F-42Aについての詳細はこちら

2−4. LG G8X ThinQ【2画面で利用できる】

ワンセグ

出典:LG G8X ThinQ

LGエレクトロニクス」が発売する、「LG G8X ThinQ」は、2画面が利用できる珍しいスマホです。

左右の画面でインターネットと動画を同時に利用したりと、マルチタスクが可能。

ワンセグ機能に対応するため、テレビを見ながらLINEやメールの返信などができて便利といえます。

画面は取り外し可能で、1画面のみでも利用可能です。

 

LG G8X ThinQのスペック

サイズ(H×W×D)

166×164×15mm

160×76×8.4mm(本体のみ)

重さ

331g

193g(本体のみ)

ディスプレイ

6.4インチ フルHD+ (2,340×1,080ドット)

カメラ有効画素

1,200万画素+約1,300万画素(デュアルカメラ)

バッテリー容量

4,000mAh

OS

Android 9

メモリ(ROM)容量

64GB

生体認証

指紋認証

防水・防塵性能

防水性能 IPX5/IPX8

防塵性能 IP6X

カラーバリエーション

オーロラブラック

取り扱いキャリア

ソフトバンク

LG G8X ThinQの詳細はこちら

 

2−5. シンプルスマホ5【使いやすい操作性が魅力】

ワンセグ

出典:シンプルスマホ5

シンプルで使いやすいスマホをお探しなら、「シンプルスマホ5」がおすすめです。

無駄を省いたデザインと使いやすさを両立しています。

画面サイズは5.5インチあり、文字を大きく表示できるため、視認性を高められます。

ワンセグに対応しており、条件を満たせば最大で約16時間の視聴が可能となっています。

シンプルスマホ5のスペック

サイズ(H×W×D)

154×70×9.3mm

重さ

168g

ディスプレイ

5.5インチ

IGZO

2,160×1,080ドット フルHD+

カメラ有効画素

有効画素数 約1,300万画素(広角)

                   約500万画素(深度)

バッテリー容量

4,000 mAh

4G LTE:約910時間(連続待受時間)

OS

Android 10

メモリ(ROM)容量

32GB

生体認証

顔認証

防水・防塵性能

防水性能 IPX5IPX8

防塵性能 IP6X

カラーバリエーション

シャンパンゴールド・ネイビーブルー・ワインレッド

取り扱いキャリア

ソフトバンク

シンプルスマホ5の詳細はこちら

2−6. Xperia 5【手のひらに収まる持ちやすいサイズ感】

ワンセグ

出典:Xperia 5

Xperiaシリーズから、ワンセグ搭載機種として「Xperia 5」を紹介します。

6.1インチの21:9シネマワイドな大型画面を搭載しながら、片手にフィットする薄型のボディが特徴。

縦長の画面により、同時に2つのアプリを起動できます。

スタイリッシュなデザインのスマホで、ワンセグを楽しみたい方におすすめです。

Xperia 5のスペック

サイズ(H×W×D)

158×68×8.2mm

重さ

164g

ディスプレイ

6.1インチ/有機EL

カメラ有効画素

52mm(望遠):約1,220/F2.4

26mm(標準):約1,220/F1.6

16mm(超広角):約1,220/F2.4

バッテリー容量

3,000mAh(内蔵電池)

OS

Android 9

メモリ(ROM)容量

64GB

生体認証

指紋認証

防水・防塵性能

防水性能 IPX5/IPX8

防塵性能 IP6X

カラーバリエーション

ブラック・グレー・ブルー・レッド

(契約する通信キャリアによってカラー数が異なる)

取り扱いキャリア

SIMフリー

Xperia 5の詳細についてはこちら


3. ワンセグ機能つきのスマホを選ぶ際の注意点

ワンセグ機能つきのスマホには、大画面や高性能カメラ、使いやすさの追及など、魅力的な機能を搭載した機種が揃っています。

機種選びで迷っている場合は、デザイン性や機能性とは別に、以下の2つのポイントを把握しておくとよいでしょう。

・ワンセグ以外に多機能を持つ機種は高額になりやすい

ワンセグ機能は必須として、その他にどの程度の機能性を求めるかにより、スマホの価格が変わってきます。

高性能なカメラやCPU、メモリ(保存領域)などの機能を搭載した機種は、必然的に価格が高くなりがちです。

「外出先でテレビを見たり、LINEが使えたりするだけでもよい」という場合は、本体の使いやすさや防水・防塵性能など、最低限必要な機能に絞られた機種を選ぶとよいでしょう。

比較的お手ごろな価格帯が多い傾向にあります。

・国内メーカーの機種がメインになる

ワンセグ機能は日本だけでしか視聴できません。

そのため、アメリカのメーカーであるApple製のiPhoneシリーズは、初めからワンセグ機能を持っていないのです。

ワンセグ機能つきのスマホを選ぶ場合は、国内のスマホメーカーのものが主流となります。

例外として、2章で紹介したLG G8X ThinQなど、海外メーカーの機種でも一部ワンセグ対応のものは存在します。


4. ワンセグ非対応のスマホでテレビを見る3つの方法

ワンセグ

スマホでテレビを視聴するには、ワンセグ機能つきの機種を選ぶのが理想です。

特別な設定が不要で、すぐに利用できるメリットがあります。

しかし、iPhoneなどに代表される、海外メーカー製のスマホが使いたいけど、ワンセグも見たい、という方は、以下の3つの方法を試してみましょう。

・外付けのワンセグチューナーを購入する
・専用のアプリを使う
HDDレコーダーと接続する

ワンセグ非対応のスマホでも、テレビを見ることが可能になります。

4−1. 外付けのワンセグチューナーを購入する

ワンセグ非対応のスマホでテレビを見る場合は、別売りの外付け式ワンセグチューナーを購入する方法があります。

ワンセグ

出典:Xit Stick(XIT-STK200)

Xit StickXIT-STK200)」などの、Lightning端子に対応したテレビチューナーを購入すれば、iPhoneでワンセグの視聴が可能になります。

同製品は専用のテレビ視聴用アプリが利用できるので、直観的に操作できるというメリットがあります。

他にも、AndroidスマホやWindowsOSMacOSに対応した機器が発売されているため、機種に応じて購入するとよいでしょう。(楽天で購入する

4−2. 専用のアプリを使う

厳密にはワンセグによるテレビの視聴ではありませんが、動画アプリの利用を検討してみましょう。

スマホで利用できる動画サイトは充実しており、youtubeなど無料で見られるWEBサイトを筆頭に、月額制で見放題のサービスがあります。

youtube:無料で利用できる

Amazonプライムビデオ:年間プラン4,900円(税込)か月間プラン500円(税込)で利用できる

AbemaTV:無料で利用できる(月額960円(税込)の有料プラン「ABEMAプレミアム」もある)

FOD:月額888円(税込)で利用できる

TVer:無料で利用できる

dtv:月額550円(税込)で利用できる

 

月額料金がかかりますが、一度登録すれば多くの番組を視聴可能で、追加の料金がかかる心配はありません。

ただし、スマホのデータ通信を利用するため、通信料がかかる点を踏まえて利用しましょう。

4−3. HDDレコーダーと接続する

ワンセグ

出典:DiXiM Play

DiXiM Play」などの機器を使えば、レコーダーに録画したテレビ番組を、スマホで視聴可能になります。

自宅の無線LANを経由して、レコーダーに保存した番組をスマホに配信し、寝室や浴室内でゆったりと視聴可能です。

屋外で利用するには、予め内容をダウンロードしておく、レコーダーにリモート接続して視聴する2つの方法が活用できます。

※レコーダー側が機能対応している必要があるため、詳しくはレコーダーの取扱説明書を確認してください。

iPhoneやAndroidスマホに対応します。


まとめ

スマホでテレビを見るには、ワンセグ機能が標準装備された機種を選ぶのがおすすめです。

非対応の機種でも別売りの機器を使えばワンセグ視聴は可能ですが、別途費用が発生したり、調整の手間が生まれます。

購入後すぐにテレビが見られる手軽さや、スマホ本体を持ち歩くだけで済む、ワンセグつきのスマホのほうが便利だといえます。

ワンセグ機能を標準装備したスマホはAndroidのみで、機種が少ない点は迷いどころですが、高性能なものから使いやすい低価格モデルまで揃っているため、好みに合わせて選ぶとよいでしょう。

ユーザー数200 万人超!

【シニア向けSNSサービス】
らくらくコミュニティを使ってみませんか?

SNSという言葉は聞いたことがあるし興味もある・・・!

だけど以下の様な思いから億劫になっているのではないでしょうか?
  • 「そもそも何をやって良いか分からない」
  • 「SNSは若者がやるもの。なんとなくハードルが高いなあ・・」

そんな方にオススメなのが
シニア向けSNSらくらくコミュニティです!

【シニア向けSNS】
らくらくコミュニティつの特徴

  • 専門スタッフが24時間投稿チェック!詐欺や勧誘などを未然に防ぎ安心です
  • 多数の趣味や身の周りのテーマを用意!投稿すると反応がもらえて楽しい!
  • 操作が分かりやすい画面でシニアでも簡単・使いやすい!

こんな中高年の方々に使われています!

  • スマホの使い方や暮らしの知恵などを教え合いたい人
  • 共通の趣味や話題で盛り上がれる気の合う仲間や友達が欲しい人
  • 旅先で撮った写真や作った料理などを誰かと共有したい・共感したい人

らくらくコミュニティをはじめてみよう

画面や文字が大きく、操作もかんたん!