今から利用するならスマホとガラケーどっちがいいのか?徹底比較

ガラケーとスマホ

「ずっとガラケーを使ってきて特に不便でもなかったんだけど、周りは皆、スマホユーザーになってしまった。やっぱりスマホに替えたほうがいいの?」

「子供達がスマホを楽しそうに使っているのをみると、ガラケーは卒業してスマホにしたほうがいいのかなと悩む。でも、ガラケーもほとんど使っていないのに、スマホに替えたら利用料金が上がってもったいないと思うんだけど。」

これまで、ガラケー(携帯電話)を使ってきて、これといった不便がなければ、ずっとガラケーでいいんじゃないの?と思ってしまいますよね。しかし、時代に取り残されてしまっているような感じもして、肩身がせまい。

いい加減、スマホとガラケーのどっちがいいのかハッキリさせたい!と悩んでいる方は、かなり多くいるようです。

そこで、

・スマホのメリット・デメリットとオススメの人
・ガラケーのメリット・デメリットとオススメの人

をご紹介しますので、徹底的にどちらが自分に適しているのかを比較検討してみましょう。

さらに、スマホの機能とガラケーの機能を合体させた「ガラホ」と呼ばれる機種のメリット・デメリットもご紹介しますので、「ガラホ」を選ぶという選択肢も考えてみてください。

最後は最終的な決断ができるように

・ガラケー利用者がスマホに乗り換えるか判断する3つの方法

をご紹介します。これまで悩みに悩んでいた人はぜひ参考にして決めてみてください。
なお、現在ガラケーを利用している方は注意しなくてはいけないことがあります。

ガラケーの通信規格「3G3世代移動通信方式)」が2020年以降に終了することが決定しており、古い機種のガラケーは使えなくなります。

 2015年以前に購入したガラケーは3G対応機種の可能性が高く、今後使えなくなるので注意してください。心配な方は、ご利用中のキャリア会社の公式サイトや販売ショップでお問い合わせください。

3Gの終了日に関する各キャリア会社の発表〉

NTTドコモ:報道発表資料 : 「FOMA」および「iモード」のサービス終了について

auauの3Gサービスが終了するんですか? | よくあるご質問 | サポート

・ソフトバンク:3Gサービス終了のご案内 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

対処方法ですが、「4G(第4世代移動通信方式)」対応のガラケーに買い換えれば、引き続きガラケーを使うことができます。

三大キャリアの機種販売店舗やネットショップ等で、現在新規に発売しているガラケーはG4対応機種です。

1.スマホのメリット・デメリットとオススメの人

まず最初に、スマホのメリット・デメリットとスマホがオススメの人をご紹介します。

ずっとガラケーを利用してきて、特に不満もなかった人は、なぜ多くの人がガラケーからスマホに替えるのか、その理由が具体的にわからない人も多いかもしれません。

ここでメリット・デメリットを再確認することで、新たな発見をするかもしれませんのでぜひ読んでみてください。

1-1. スマホのメリット

スマホのメリットはたくさんあります。ガラケーよりも多機能だからです。しかし、スマホでできることをすべて書き出すと膨大になってしまうので、ガラケーと比較しやすい部分に絞ってメリットを挙げました。

 1-1-1.通話以外にもカメラやインターネットなど多種多様な機能が使える

ガラケーとスマホの大きく違う部分でもありメリットである部分は、基本的な通話やメールの送受信という機能のほかに、カメラ機能、音楽再生機能、インターネット利用など多種多様な機能が使えるということです。

スマホを一言で言い表せば、「パソコンの機能を手のひらサイズに凝縮したもの」と言っても過言ではなく、パソコンでできることは、スマホでほとんどできます。

ガラケーにもカメラは付いていますが、スマホに搭載されているカメラは高機能カメラですし、インカメラと呼ばれる「自撮り用のカメラ」が付いています。さらに画像の加工もスマホ上で簡単にできてしまいます。

インターネットが使えるガラケーもありますが、ウェブページのほうがガラケーに非対応となっていることが多く、アクセスしても見れないサイトが多くなっています。ガラケーと比べた時に、インターネットが使えることがスマホの最大のメリットと言えるかもしれません。

1-1-2.高画質な動画や高品質なゲーム・アプリを楽しめる

スマホは高機能ですから、高画質動画やゲームも楽しめますし、便利なアプリをダウンロードして、自分が使いやすいスマホにカスタマイズすることもできます。

一昔前のゲームは、家の中でテレビに接続してプレイしていました。今は携帯ゲーム機もありますが、携帯ゲーム機器をわざわざ持ち歩かなくても、スマホひとつでゲームをすることができます。

動画も家で再生機器がなければビデオを観ることができませんでしたが、今はスマホがあれば、映画でさえ鑑賞することが可能です。ネットフリックスといったサブスクリプション型(定額制)の動画サイトが人気ですが、こういった動画サイトを利用すれば、過去のテレビ番組や海外の人気テレビドラマもスマホで観れます。

つまり、スマホを持つことができれば、ゲームもできるし、テレビドラマも映画も観れるし、ビジネス向けのアプリを入れれば書類作成もできるし、銀行のアプリを入れれば銀行に行かなくても振り込みができてしまいます。

 

スマホの多機能というメリットは、ガラケーに可能なものはほとんどなく太刀打ちできませんね。

 1-1-3.ディスプレイが大きい

スマホは、多機能のため、ディスプレイ画面がガラケーに比べて非常に大きくなっています。

大きな画面ですから、文字や写真、動画などを大きく表示できるため非常に便利です。当たり前のことですが、画面が大きくなければゲームもできませんし映画も観れないからですね。

スマホの場合、大きな画面に加えて、指で画面に触るだけで文字を大きく拡大することもできます。老眼でも、読みやすい大きさに文字を拡大して読むことができるので、スマホに替えるシニア層は増えています。

1-1-4.SNSを簡単に使える

フェイスブックやインスタグラムなど、SNSが簡単に使えることも、ガラケーと比べた時に大きなメリットと言えるでしょう。

唯一、LINEだけがガラケーで利用できたのですが、2018年でガラケー版のサービス提供が終了してしまいました。ガラケーユーザーでLINEを使ってきた方は、LINEができなくなったのがストレスでスマホに切り替える方もいるようです。

1-2.スマホのデメリット

スマホのデメリットをご紹介します。

 1-2-1.端末代が高い

多機能・高性能で便利なスマホは、ガラケーに比べて端末代が高額なります。スマホはパソコンに匹敵するほどの性能だからですね。

最近では、格安スマホと呼ばれる安価な機種も販売されるようになりましたが、価格が安いぶん、機能的には一般的なスマホよりも劣ることが多いようです。逆にハイエンドモデルと呼ばれる上位機種のスマホは、本体価格が10万円を超えるものもあります。ノートパソコンが一台買えてしまう価格です。

1-2-2.月々の利用料金が高い

月々の利用料金もガラケーに比べて高くなることもデメリットです。なぜ、利用料金が高くなるのかというと、インターネットを利用する際の通信費が高いからです。

ガラケーであれば、通話料金にメールの送受信に使う程度の少額のネット利用料金で済みますが、スマホの場合は、動画を観たりゲームを長時間プレイすることで、ネット通信の利用量が膨大になってしまいます。

そのため、契約しているキャリア会社やプランによって違いはありますが、料金相場は月額5,0007,000円にもなってしまいます。ネットを多く使う人の中には、毎月1万円以上の利用料金を支払っている人もいます。

ガラケーの利用者がスマホに機種変するのを躊躇するのは、利用料金が跳ね上がってしまうという理由が大きいようです。

 1-2-3.バッテリーの消耗が早い

ガラケーと比べてスマホは電力を大量に消費します。スマホは高機能なので、様々な機能や操作を動かすために大きな電力がつかわれるからです

ガラケーもスマホもバッテリーで動いていますが、大量に電力を消費するスマホはバッテリーの消費が激しく、頻繁に充電する必要があります。

一般的なガラケーの場合、満充電(充電率100%)にしてから、数日〜1週間程度は充電しなくても使えますが、スマホの場合は、1日に1回は充電が必要です。ガラケーからスマホに替えた人が最初につらいと感じるのは、バッテリー充電の頻度の多さ(わずらわしさ)だと言われています。

1-3.スマホがオススメの人

スマホのメリット・デメリットをみてきたところで、スマホがオススメの人はどんな人と言えるでしょうか?

 LINE」やその他のSNSが使いたい人
 外出中でも動画が観たい、インターネットを使いたい人

 ①もも、基本的にガラケーでは不可能です。よって、ガラケーではできないことを外出先でもやりたい人はスマホがオススメと言えます。

2.ガラケーのメリット・デメリットとオススメの人

ガラケーのメリットとデメリット、ガラケーがオススメの人をご紹介します。

ガラケー利用者なら、改めてガラケーのメリット・デメリットを見直すことで、これからもガラケーでいいと思うかもしれませんし、やはりスマホに替えようとなるかもしれません。

 

メリットもデメリットも、どちらも見落としていることがあるかもしれませんから、ぜひこの機会に確認してみてください。

2-1.ガラケーのメリット

ガラケーのメリットは以下の4つになります。

2-1-1.操作しやすい

シンプルな機能しかないガラケーは操作が簡単にできます。小さな手の人であっても、もてあますことがないサイズですし、重さもスマホに比べれば軽量です。

通話とメールの送受信程度ができればいいので、余計な機能はなく操作に迷うことはありません。

2-1-2.月々の利用料金が安い

通話とメールの送受信程度の利用であれば、月々の利用料金は非常に安くなります。

2-1-3.通話しやすい

ガラケーを使い続けていると当たり前になっているかもしれませんが、スマホに比べて通話がしやすいというメリットがあります。

ガラケーは当たり前ですが、通話をすることを目的に作られているものですから、発信と着信のボタンが明確で、数字を入力するキーも備わっているため、ほとんどの人が迷うことなく簡単に通話することが可能です。

スマホの場合、電話をかける場合もすべてタッチパネルで行います。タッチパネルの使い方に慣れていないと、発信と着信のボタンがどこにあるのかわかりづらいので、一本の電話をかけるにも受信するのにもひと苦労します。通話中にタッチパネルに触れてしまって誤操作してしまうこともあります。

 2-1-4.バッテリーの持ちが良い

ガラケーの大きな魅力は、バッテリーの持ちが良いことです。ガラケーは機能が少ないので、電話やメール以外でガラケーを利用することはほとんどなく、スマホのように長時間操作をしないのでバッテリーが持つのです。

スマホは最低でも11回はバッテリーの充電が必要ですが、ガラケーの場合は、機種によって差がありますが、1回充電すれば、3日から1週間程度は持ちます。

2-2.ガラケーのデメリット

ガラケーのデメリットは以下の2つです。しかし、この2つのデメリットは人によってはデメリットに感じないかもしれません。

2-2.インターネットが使えないので、最先端のアプリやSNSの利用ができない

ガラケーはインターネットが使えないので、最先端のアプリやSNSの利用ができません。

ガラケーは基本的に通話とメール機能のみなので、別にインターネットは使えなくても構わない、もしくはパソコンを持っているので、ネットはパソコンでやるのでスマホはいらないという方にとっては、デメリットにはなりませんね。

 2-2.画面が小さく解像度が低い

スマホと比べれば、ガラケーの画面は小さく、画像の解像度も低いというデメリットがあります。

画面が小さいので、受信したメールなどを読む場合にも、一度に確認できる情報量は少なく文字も小さく表示されます。メールを送る場合にも、小さく表示された文字を小さい画面で確認しながらメールを書くことになります。画像の解像度もそれ程高くないので、写真も鮮明に表示されません。

しかし、このデメリットも気にならない人からしたら、些細なことかもしれません。

2-3.ガラケーがオススメの人

ガラケーのメリットとデメリットが揃ったところで、ガラケーがオススメの人は以下のようになります。

利用料金を安く抑えたい人
通話とメールのみ利用できれば十分なので、インターネットは使わない人

 利用料金の安さについては、スマホはガラケーに勝てません。

格安スマホという選択肢もありますが、ネットを利用し始めると、通信料以外にも、さまざまなところで料金が発生しがちになるので、ガラケーよりスマホを利用した時のほうが安上がりになるというケースはほとんどないと言っていいでしょう。

たとえば、有料アプリを使いたくなったり、ゲームを始めればアイテム集めに課金することになります。動画も無料で観れるものは限られているので、観たい映画やテレビドラマがあれば、やはり視聴するために料金を払うことになります。

こういったオプションにかかる料金もバカになりませんので、通話とメールさえ使えれば特に問題はないと考える方は、ガラケーを利用するのが最適でしょう。

3.「ガラホ」の特徴やメリット・デメリット

「ガラホ」とは、ガラケーとスマホの機能を合わせた「進化した携帯電話」とも言われている機種です。

実は、記事の冒頭で注意喚起した「3G対応のガラケーは今後使えなくなる」という部分で、買い替えをおすすめした「4G対応のガラケー」とは、ガラホのことなのです。

現在3Gガラケーをご利用の方で、ガラケーをそのまま使い続けたい場合の選択肢は、ガラホへの乗り換え一択となります。

この章では、ガラホの特徴やメリット・デメリットをご紹介します。4Gガラケー(ガラホ)へ乗り換えを考えていた方は、この記事を読んで、本当にガラホでいいのか再度検討してみてください。

 3-1.ガラホの特徴や性能、ガラケー・スマホとの違い

ガラホの特徴や性能、ガラケー・スマホとの違いをみていきましょう。

ガラホの見た目は、ほとんどガラケーと変わりがありません。二つ折りになっていて、パカっと開いて使うタイプがほとんどです。昔懐かしい初期の携帯電話のようなストレート型のガラホもあります。

ガラケーとガラホの大きな違いは、ガラホならほとんどのウェブサイトが閲覧できるようになることです。ガラケーの場合、ガラケー対応しているサイトしか見ることができませんでしたが、ガラホならガラケーでは見ることができなかったサイトもスマホで見た時と同じような表示になり、とても見やすくなります。

一方、ガラホとスマホの違いですが、スマホはタッチパネルで操作しますが、ガラホはガラケーと同じくテンキーによって操作を行います。スマホと同じくネットが利用できるものの、スマホで利用できる機能を全て使えるわけでなく一部制限されています。この後くわしくご紹介しますが、新しく使いたいアプリがあってもダウンロードすることができなかったりします。

このように、ガラホは、ガラケーとスマホの良いとこ取りをした「中間の機種」と言えるでしょう。

3-2.ガラホのメリット

ガラホのメリットをご紹介します。

最大のメリットは、ガラケー同様、スマホよりも端末代金、利用料金が安く済むということです。

3-2-1.端末の料金・通話料金が安い

ガラホはスマホに比べて機種端末代が安く、通話料金もスマホの料金プランよりも安価なプランになっていることが普通です。ガラホに乗り換えても、ガラケーを利用していた時と変わらず、通話中心に使うというのであれば、利用料金はかなり抑えられるでしょう。

3-2-2.通話時の電波や音質が安定している

ガラホは、通話時の音質や電波が安定しているので聴きやすいという特徴があります。スマホのタッチパネルのような誤操作を通話中に起こすこともないので安心して長電話ができます。

3-2-3.テンキーが搭載されている

ガラホはガラケーと同じく、テンキーや十字キーを搭載しています。ガラケーからスマホに切り替えた人が一番戸惑うのは、スマホのタッチパネルでしょう。物理的なボタンはなく、ツルツルの画面を指で触って操作するのは、慣れない人からすると不安感を感じるかもしれません。

操作方法がガラケーとほとんど同じのガラホは、ガラケーの操作に慣れた人からすれば安心して使うことができるはずです。

3-2-3.ウェブサイトの閲覧ができる

ガラホがガラケーと大きく異なる部分は、スマホと同様にウェブサイトを利用することができることです。

ガラケーでは閲覧できなかったサイトもガラホなら普通に閲覧することができます。通信速度もスマホとほとんど変わらず、画面の切り替え時のストレスもほとんどありません。

3-3.ガラホのデメリット

ガラホのデメリットをご紹介します。デメリットの中でも特筆事項は、LINEが使えなくなったことでしょう。

 スマホにしたくないがLINEを使い続けたい人の選択肢として、これまではガラホがあったのですが、今後は、LINEが使いたいのであれば、スマホに機種変する以外に選択肢はなくなりました。

 3-3-1.LINEが利用できなくなった(使える機種もあるが一部機能が停止した)

ガラホはLINEが利用できなくなってしまいました。厳密に言えば、今でもLINEが使える機種は存在していますが、「プッシュ通知」というメッセージの着信を音や振動で知らせてくれる機能が使えなくなりました。

ガラケーからスマホへ乗り換えるきっかけとして、「LINE」がどうしても使いたいという理由があるようです。ガラホの場合、今までは、LINEが使える機種と使えない機種が混在していました。

よって、スマホはイヤだがどうしてもLINEが使いたい人は、今までは、LINEができるガラホに機種変すればOKだったのです。しかし、20203月以降、プッシュ通知機能が使えなくなってしまいました。プッシュ通知機能がないと、メッセージを着信しても気づくことができません。

プッシュ通知が使えないLINEでは、ほとんど利用価値がないと言っても過言ではないでしょう。

 3-3-2.タッチパネルがないのでタッチ操作ができない

ガラホの場合、タッチパネルを使用できる機種もありますが、ほとんどの機種でタッチパネルは非対応となっています。

ウェブサイトが閲覧できるガラホですが、ウェブを利用する際には、テンキーで操作することになります。現在のウェブサイトは基本的にスマホやタブレットなどのタッチパネルで操作することを前提に作られているため、テンキーを使ってウェブサイトを利用すると、かなり不自由さや不便を感じることになります。

3-3-3.新しいアプリが利用できない(Google Playストアが利用できない)

スマホの場合、アプリの入手をGoogle Playストアから行いますが、ガラホには対応していません。ほとんどのアプリはガラホで使用できないので、便利なアプリを入手して仕事の効率化を図るとか、人気のゲームをダウンロードして楽しむことができません。

3-4.ガラホがオススメの人

ガラホのメリットとデメリットがわかったところで、ガラホがオススメの人は以下のようになります。

ネットを利用する気がないので、利用料金が安いガラケーの機能が使えれば満足な人
通話やメール主体で使うが、ネットも少し閲覧できると便利だと考えている人

基本的にガラホは、3Gガラケーが使えなくなった後も、継続してガラケーを使い続けたい人の選択肢です。外出時にネットは使えなくても問題ないという方はガラホがオススメです。

4.ガラケー利用者がスマホに乗り換えるか判断する3つの方法

最後に、ガラケー利用者がスマホに乗り換えるか判断する3つの方法をご紹介します。

・通話オンリーまたは通話とメールだけならガラケーでOK
・「LINE」やその他のSNSが使いたいなら、スマホに乗り換え
・動画が見たい、ネット検索をしたいならスマホに乗り換え

人によって、生活スタイル、人間関係、経済状況など大きく異なるので、一概に、スマホがいい、ガラケーがいいとは言えませんが、ぜひ最後の決め手に参考にしてください。

 4-1.通話オンリーまたは通話とメールだけならガラケーでOK

通話オンリーまたは通話とメールだけしか使わないのであれば、ガラケーのままでいいでしょう。何度も繰り返しますが、3G対応ケータイは今後使えなくなりますので、4G対応ケータイ(ガラホ)への機種変は必要になりますのでご注意ください。

4-2.LINE」やその他のSNSが使いたいなら、スマホに乗り換え

LINE」やその他のSNSが使いたいのであれば、スマホに乗り換えをおすすめします。特に、家族間や友人間で連絡を取り合うのにLINEを利用している人は非常に多いはずですが、ガラケー、ガラホではLINEが使えません。

LINEがどうしても使いたいのであれば、スマホに切り替えるしかありません。また、スマホに切り替えるメリットとして、LINE以外のメッセンジャーアプリも使えるようになるので、通話やメール以外の連絡手段を増やすことができます。

4-3.動画が見たい、ネット検索をしたいならスマホに乗り換え

外出先でも動画が見たい、ゲームがしたい、ネット検索をしたいならスマホに乗り換えがおすすめです。

ガラケーでは無理ですが、ガラホであれば、一部の動画やゲームをやることは可能です。しかし、ガラホの場合、ネットを使いすぎると、利用料金が大幅に跳ね上がってしまうという落とし穴があります。気をつけないと、スマホの利用料金よりも高くなってしまうことがあるのです。

スマホであれば、動画やゲームを長時間やりたい人向けのプランが用意されているので、通信量や利用料金を気にしないで使えます。

5.まとめ

スマホとガラケーどっちがいいか、あなたはハッキリ決めることができたでしょうか?

最後に、ガラケー利用者がスマホに乗り換えるか判断する3つの方法を復習しておきましょう。

・通話オンリーまたは通話とメールだけならガラケーOK

・「LINE」やその他のSNSが使いたいなら、スマホに乗り換え

・動画が見たい、ネット検索をしたいならスマホに乗り換え

ガラケーにはガラケーの良さがあり、スマホにはスマホの良さがありますので、ぜひご自身にとって一番メリットがあるのはどちらなのかをよく考えて選んでみてください。

ユーザー数180 万人超!

【シニア向けSNSサービス】
らくらくコミュニティを使ってみませんか?

SNSという言葉は聞いたことがあるし興味もある・・・!

だけど以下の様な思いから億劫になっているのではないでしょうか?
  • 「そもそも何をやって良いか分からない」
  • 「SNSは若者がやるもの。なんとなくハードルが高いなあ・・」

そんな方にオススメなのが
シニア向けSNSらくらくコミュニティです!

【シニア向けSNS】
らくらくコミュニティつの特徴

  • 専門スタッフが24時間投稿チェック!詐欺や勧誘などを未然に防ぎ安心です
  • 多数の趣味や身の周りのテーマを用意!投稿すると反応がもらえて楽しい!
  • 操作が分かりやすい画面でシニアでも簡単・使いやすい!

こんな中高年の方々に使われています!

  • スマホの使い方や暮らしの知恵などを教え合いたい人
  • 共通の趣味や話題で盛り上がれる気の合う仲間や友達が欲しい人
  • 旅先で撮った写真や作った料理などを誰かと共有したい・共感したい人

らくらくコミュニティをはじめてみよう

画面や文字が大きく、操作もかんたん!